ABOUT

Art Director / Designer 西岡ペンシル Nishioka Pencil 金沢美術工芸大学商業デザイン科視覚デザイン専攻卒。電通にて数々の広告の企画制作に関わった後、西岡ペンシルを設立。企業の広告やブランディング、テキスタイルデザインなど様々な分野で仕事をする。 鳥瞰図師の祖父、京友禅悉皆屋の家に生まれたルーツを持ち、和様の美から受ける刺激・素養をグラフィックデザインやアートの思想に通じるものとして活かしてきた。文様を単なる柄や装飾と捉えるのではなく「時代や場に応じて複雑な意味の広がりを投影できる優れたアートプラットフォームとしての文様」に目覚め、独自の文様の制作を開始、2014年にはパリと東京で2つの「ニュー・文様」展を開催し、大きな注目を集め、京友禅の老舗や美術館とのコラボレーションも手がける。